11th April, 2019

ストロベリーフィールズで見つける
今どきな女らしさをつくる新・名品
パイユドットスカート

#From BAILA 5月号

エディター坪田あさみさんがストロベリーフィールズのアイテムについて、
詳しくナビゲートしてくれる人気連載記事。
第8弾は大人配色のドット柄がパリっぽい、
『パイユドットスカート』について掘り下げていただきました。

広がりすぎないシルエットと長め丈で大人っぽく

フレアだけどボリュームが出すぎないシルエットが絶妙。
ひらっとした揺れ感の美しさと、腰まわりのすっきりしたラインを両方叶えてくれるフォルムです。
ヒール靴はもちろん、フラットシューズやスニーカーとも相性のいいレングス。

手描き風のドット柄でヴィンテージライクに

あえて崩したような水玉が、スカートを表情豊かに見せてくれます。
幼く見えがちなドット柄も、手描きっぽいタッチと大人配色でパリジェンヌみたいなシックさ。
粒のサイズや並べ方にも試行錯誤を重ねたというこだわりっぷりです。

パイピングや素材感など、細部にもこだわりが

ウエストにブラックのパイピングを効かせて、シャープな印象をプラス。
総柄でもぼやけた印象にならず、ウエストが引き締まって見えます。
バスケットのような凹凸を表現した生地は完全オリジナルで、ドットがより引き立つ質感。

大人な甘さのレトロフェミニンに着こなして

スカート自体が雰囲気たっぷりなので、シンプルなトップスをサラッと合わせるだけキマります。
形のキレイなニットとバレエシューズで、フレンチテイスト漂うコーデに。
控えめカラーでまとめても、地味見えせずに上品な仕上がり。

詳しくはBAILA 5月号にて掲載中。